■【無料楽譜】タブ譜 / コード譜
ユーチューブにて公開中
https://www.youtube.com/user/ukulele14s/

ウクレレ弾き語り 初心者 弦を押さえるコツって ありますか?

yosicoちゃんは手も小さく 腕や指の力も弱い方だと思います
ところが
使っているウクレレは 大きなものばかりです
力で演奏するものではないですが
大きなウクレレほど弦の張りは強いです

弦を押さえるコツ 慣れや練習が一番ですが
いくつか 考えてみました

ケースバイケースであることはもちろんのこと
あくまで個人の意見です
怪我 故障 破損
など一切の事故の責任は負うことができません
無理せず 自己責任の上 行ってください

スポンサーリンク




指を立てる

力が不要になる

比べてみると
実感されるかもしれません

力学的な問題でしょうか
力がかかる方向が変わるからでしょうか
指を立てると スムーズに押さえることができるかと思います

ほかの弦に触れにくくなる

複数の弦を押弦したり
わざわざ触れて 音を消したりすることもあるようですが
まずは 初心者のうちは
ほかの弦に触れず
きれいにコードを鳴らしてみたいものです

指先

始めたばかりのころは
指を立てると
指先が痛く感じることもあるかと思います

これは 無理にない程度に行っていれば
そのうち慣れていたくなくなると思います

また 写真をご覧いただくと
爪が長いと 指先が立てにくい
とお判りになると思います

押弦する場所

フレットに近く

比べてみると 実感できると思います


ダイアグラムでは
フレットの真ん中に印がついています
それを見ると そこを押弦するものだと思いがちです

コードフォームによって
すべてがフレットの側を押さえられるとは限りませんが
フレットのすぐそばを押さえることで
押弦は簡単になると思います

手首はまっすぐ

あるコードを押さる場合
実際には
その前と後に別のコードを押さえます

コードチェンジといいますが
それにより やはり手首も動きます

また コードによってはフォームも変わります

しかし
最初のころは簡単なコードから覚えていくはずです
手首を無理に使わないで
リラックスしたまっすぐな状態のほうが
押弦は楽になると思います

■こちらを参考に ご覧ください
コードチェンジの時 どのようにしてウクレレを支えるといいのでしょうか
http://ukulele14.com/method/?p=6559

左手の負担を減らす

右ひじをしっかり使う

ボディを押さえることで
てこの原理が働くのでしょうか

簡単なコードであれば
左手の握力を一切使わなくても
押弦ができるほどです

これは
弾きスタイルや ストラムの種類など
いつでも行えるわけではないと思いますが
押弦が楽になることは間違いないと思います

ストラップを使う

ウクレレを支えることに
一切気を使わなくていいので
左手は押弦に集中できます

ウクレレに工作が必要な場合もあります
小さなウクレレだと不要と思う方も多いと思います

初心者のうちは
使用すると 上達が早いかもしれません

■こちらを参考に ご覧ください
ウクレレ ストラップ を使って 構えてみましょう!
http://ukulele14.com/method/?p=90

また
このようなものも
販売されています

Famous ノンスリップラバー ストラップいらず(amazon)

ウクレレに細工を施す

もはや コツとは言えなくなってしまいます
しかし
押弦は簡単になります

音質 音量などに直結します
好みもあります
参考程度に お考え下さい

弦高を下げる

押弦という操作性は
本当によくなります

ローポジションより
ハイポジションのほうが
より実感できるかもしれません

■こちらを参考に ご覧ください
ウクレレ初心者でも 弦高調整が簡単にできる方法と 注意点
http://ukulele14.com/method/?p=952

テンションの低い弦

これも好みがあります
初心者のうちは
上達のほうを優先すると考えれば
これらのウクレレを触ること も練習になるし
一考の余地はあるかもしれません

指を強化する

特に
薬指 小指のトレーニング
には いいかもしれません

Planet Waves by D’Addario プラネットウェーブス ハンドトレーナー 握力トレーニング PW-VG-01 Varigrip 【国内正規品】(amazon)

★2本目はアウトレット★

無料レッスン 動画 楽譜


Hula Girl ukulele tutorial intro ソロ・ウクレレの弾き方
https://youtu.be/ZTmAhblIX9c

当サイトへの訪問 ありがとうございます



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする